【ブログ】シュミレーション女

わたしは夜な夜なシュミレーションをしている。

 

夜な夜な、というより日中もしているし、頭の中はずっとフル回転で未来を予測している。

 

特に夜はシュミレーションが止まらない。
寝ようと布団に入った途端、頭がフル稼働でいろいろと考えてしまう。

 

 

頭の電源をオフにして寝ないといけないのに、そのせいで全然眠れない。
ひどい時は朝方までフル稼働で徹夜になってしまう時もあるし、少なくとも2時間は寝るのに時間がかかる。

 

 

小さい時から寝つきの悪いわたしにとっては普通のことだが、
この年になるとそれが本当につらい。

 

夜な夜な考えてしまうことの8割は「妄想」だ。

 

ここにない現実について無駄に考えているのだ。

 

 

もし家を建てるなら、自分の好きなようにデザインされた唯一無二の家がいいなあ。
小さくていいからミニシアタールームがあって、週末は家族で映画が見たい。
本が好きで多いから、小さくていいからミニ図書室がほしい。
ベランダは広めにしてテーブルとイスを置いて、カフェのような場所にしたい。

 

 

もしくは、

もしいつか子どもができて運動会のお弁当を作るならどんなお弁当にしよう。
やっぱり運動会と言えばおにぎりがいいかな。
からあげやハンバーグとかは必須だし、詰め方も大事だよなあ。
お互いの両親もいたらもっと盛り上がって楽しいだろうなあ。

 

 

さらには、

朝早起きをして、朝活するなら散歩に行って外でおにぎりを食べて・・・。
ひとりでぶらりとカフェでゆっくりして・・。
もしわたしがあの芸能人と知り合いだったら・・・。

 

 

 

と、テーマは様々。

 

家を買えるなら、とか
子どものお弁当、とか

 

何年も何十年も先かもしれない、
あるいは「芸能人と知り合いだったら・・」というように永遠にやってこないかもしれないシュミレーションを夜な夜な繰り広げながら、頭はさらに活性化し眠れない夜を過ごすのだ。

 

 

無意味な時間だな~と思いつつ、
現実にないからこそ妄想で楽しんでいるのかもしれない。

 

 

何にしてもシュミレーションをせずにはいられないわたし。

 

旅行に行くと決まったら、ここに観光に行く。
お昼ご飯はここで食べる。
お土産は何をだれに買う。

 

明日友人に会う時何話そう。

 

夫の両親に合ったらなんて挨拶しよう。
どういう風に過ごそう。

 

 

 

どれもこれもシュミレーションしすぎて、悩みすぎて、まるでそれが現実かのように「でもここでこうしたら、わたしも結構大変だな」とか「観光に時間が足りなかったらどうする。もっと時間とったほうがいいのかも」とか妄想の妄想で疲れる、悩む。

 

 

 

疲れるとわかっていても、
現実も非現実もシュミレーションせずにはいられない。

 

 

夫には、

「そんなことまだ起きてないんだから今話しも意味ない」と言われて終わるけど。

 

 

 

あなたはシュミレーションしなさすぎるから、なにもかも対応ができてないんだよ、と言い返したい。

 

わたしは頭で想像することでいろいろな人生を楽しんでいるのだ。
現実には買えないミニシアタールームやミニ図書室のある家に住む自分。
もし誰かに嫌なことを言われたときに言い負かす自分。

 

まあ確かにシュミレーションしすぎて現実を想像に近づける努力を怠りすぎてる気がするけど。

 

できればシュミレーションだけで終わらせたくない人生だな~と感じた午前3時の布団の中。