《結婚式で使えるゲストカード》芳名録にはメリットだらけのカードを使おう!

社会人になると結婚式の受付で名前を書いたことがある、という人も多いのではないでしょうか。
受付で名前を記入するものを芳名録と言いますが、書いたことがある方は1度は思ったことがあるデメリットがあったり・・。

ゲストの方も悩みも解消し、新郎新婦にとっても思い出に残る、双方にメリットが盛りだくさんの「ゲストカード」というアイテムを使って、結婚式をより素敵に仕上げませんか?

 

芳名録のデメリットとは

水田 潤さん(@junmizuta)がシェアした投稿

この記事では一般に使われる受付で記入するタイプを「芳名録」、これからご紹介するカードタイプの芳名録を「ゲストカード」と記載します。

受付をした人を記録するのが芳名録ですが、その場にいない新郎新婦は見えない部分ではありますが、ゲストによっては緊張する場面でもあります。

芳名録を書く際、主に筆ペンをします。

筆に慣れている人なら問題ありませんが、書きなれていないと「あ~字が上手く書けなかったな」と内心思ってしまったり、テーブルの位置も決して書きやすいわけではないので難しいです。

また、ゲストがたくさんいる場合は受付で列ができてしまったりと、スムーズにいかないこともあります。

そんな問題を解決してくれるのも、このゲストカードなんですよ。

芳名録デメリット
  • ゆっくり丁寧に書けない
  • 受付のスムーズさ

ゲストカードとは?

@223wdがシェアした投稿

受付で記入する芳名録を、あらかじめゲストに渡しておき当日受付で渡すだけ、というのがゲストカードなんです。

これなら芳名録のゲスト側のデメリットである、「ゆっくり丁寧に書けない」「受付のスムーズさ」が解決です。

ゲストカードのメリット

ゲスト側

  • 自宅でゆっくりと書ける
  • 受付で渡すだけなのでスムーズ

新郎新婦側

  • オリジナルで作れる
  • 自分たちで簡単に作れる
  • 形として残せる

 

 

ゲストカードは受付で芳名録として渡すので、ゲストの名前が記入されるということは決まっていますが、あとはすべて自由に作成することができます。

市販で販売されているゲストカードは主に、氏名・住所・連絡先・メッセージの4つの記入欄があります。

市販のゲストカードをみてみる

 

ゲストカードをオリジナルで作成する

yukiさん(@ykak.wd)がシェアした投稿

ゲストカードを自分たちで作成するのは実はとっても簡単です。

基本的な作り方は、

  • 手順1
    デザインを作成
    PCのパワーポイントでデザイン作ります。
    用紙のサイズを「はがきサイズ」にします。
    あとは記入してほしい項目(氏名など)をテキストボックスと使って作ります。
    裏も活用したい場合はスライドのページをもう1ページ作り、デザインします。
  • 手順2
    印刷
    はがきサイズの用紙をプリンタにセットし、両面印刷をします。
    ※両面の場合は印刷方向に注意してください。
  • 手順3
    完成
    完成です。
    ファイリング用にパンチで穴をあけたりもできます。
  • 手順4
    送付
    招待状と一緒にゲストに送付すれば完了です。
  •  

 

これだけでオリジナルのゲストカードが完成です。
あまりパソコンに慣れていない方でも、パワーポイントで作るので作りやすいです。
パワーポイント以外にも、使いたい用紙のサイズに設定が可能なソフトなら、ワードやエクセルでも作成が可能ですね。

 

 

デザインは無限大
オリジナルゲストカードを作ってゲストにもっとわくわくしてもらおう!

ゲストカードのデザインは新郎新婦によって無限大にできます。
オリジナルで簡単に作成できるので、披露宴やパーティーの雰囲気に合わせて作れる点もポイントですね。

どんなゲストカードがあるのかみていきましょう!

答えるのが楽しいカード

葵さん(@ya_wd_0603)がシェアした投稿

子どもの頃に流行ったプロフィール帳ののようなゲストカードです。
質問がたくさん載っていて、ゲストの方も答えるのが楽しくなりそう!
新郎新婦も結婚式が終わってからも、嬉しい気持ちが続く楽しいカードですね!
吹き出しや枠などのデザインは、こちらでおすすめを紹介しているのでぜひデザインに活用してくださいね。

関連記事:欲しい素材が見つかる!無料のおすすめ素材サイト一覧 

 

シックなゲストカード

sayaさん(@saya_sd_w)がシェアした投稿

こちらは黒のシンプルなゲストカードです。
ゲストの人数が少ない場合は手書きでの作成も味があって素敵ですね。
印刷する用紙の色を変えて、パーティーの雰囲気に合わせるといいですね。

 

チケット風ゲストカード

ge.wdgさん(@g.wd.lazor)がシェアした投稿

イベント感が増す、わくわくと期待が高まるゲストカードです。
半券も演出でき、使えるのがポイントですね。
受付で半券を渡したり、当日にドレスのカラー当てや抽選などのイベントにつかうこともできます。

 

お花がいっぱいのゲストカード

ᴍᴀʀɪᴄᴀさん(@marica_wedding)がシェアした投稿

裏面がお花のデザインになっているゲストカードです。
無料で使える素材サイトもたくさんありますし、それを使うなら画像を張るだけで簡単です。
用紙も厚さや色など、好みによって様々なものが売っているので便利ですね。

 

航空券風ゲストカード

youmeweddedさん(@youme.wedded)がシェアした投稿

航空券風のゲストカードです。
遠距離だったカップルや、お互いの出身地が遠い人、旅行好きなカップルの方にぴったりなデザインです。
こちらもパワーポイントを使って簡単に自作することが可能ですよ!
作成したイサイズをパワーポイントのページ設定で幅と高さを設定して、あとはデザインするだけです。

先輩花嫁さんのデザインを参考にしながら作ったり、ゲストもわくわくしてくれるはず!
作成代行の業者もあります。
作り始めると案外難しくないので、真似して作ってみるのもおすすめです。

ミシン目をつけたい!印刷は不安だから他で・・と言う場合は「ラクスル」がおすすめですよ。
(クリックすると、ラクスルのチケット印刷料金一覧に飛びます)
パワーポイントで作成したデザインでも印刷できます。

 

ディズニーチケット風カード


ディズニーのチケット風のゲストカードです。
もらっただけでわくわくしてしまいますね!

デートでディズニーを利用する方も多いのではないでしょうか?
新郎新婦の思い出の場所で会ったり、プロポーズの場所だったりと、ディズニーがテーマの結婚式をしたい!と考えているカップルさんも多いはず!

その際はぜひディズニーチケット風の招待状やゲストカードを使ったサプライズをしてみましょう!
受付で渡したら、ディズニーの「TODAY」風のウェディングパンフレットを渡されたら・・ゲストのわくわくも最高潮ですね。

 

まとめと注意点

em_weddingさん(@emu__weddingram)がシェアした投稿

一般的には芳名録が多い受付ですが、最近はゲストカードを使う新郎新婦も多いです。
双方にメリットがあり、披露宴・パーティーの演出の一部としてゲストに喜んでもらうこともできるのでゲストカードはかなりおすすめです。

 

ただ、注意点もあり、

  • 当日持ってきてもらうようゲストカードに「こちらを芳名録に代えさせていただきます。お手数ですが、当日受付にてお渡しください。」という文を必ず記載しましょう。
  • 忘れたゲストのために必ず予備のゲストカードを準備しておきましょう。

 

ゲストカードが初めての方もたくさんいます。
また、自分たちの式ではないのでうっかり忘れた、という人も必ずいると思っていましょう。

 

この点に注意して、ぜひオリジナルのゲストカードで結婚式を招待状の段階からゲストにワクワクしてもらいましょう!